プラスチック

プラスチックって何?

プラスチックとは、「大きな分子量を有する有機化合物からなり、通常最終状態は固体であるが、それに至る途中に熱や圧力などの作用で流動化し、自由に成形 できる一群の材料」を総称した名称です。つまり、「可塑性を有する物質」という意味を持っています。今日使われているプラスチックは約70種類もあり、そ のうち20種類程度が家庭用品などに利用されています。


プラスチックの大分類は?

◇熱可塑性プラスチック
熱を加えると軟らかくなり、冷やすと固まる性質を持ち、一度硬くなっても熱を加えると再び軟らかくなる性質を持ったプラスチックです。「チョコレートタイプ」とも呼ばれています。ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリカーボネイト、ABS樹脂等。
◇熱硬化性プラスチック
熱を加えると硬化し、いったん硬化した後は熱を加えても再び軟らかくならない性質を持ったプラスチックです。「ビスケットタイプ」とも呼ばれています。メラミン樹脂、フェノール樹脂、ポリウレタン等。


プラスチックはそれぞれどのような特長があって、どのような用途に使われているの?

別紙プラスチックの性格表を参照して下さい。


電子レンジにプラスチックを使用する場合の注意事項は?

電子レンジは食品にマイクロ波をあて食品中の水の分子を急激に揺さぶりその時生じる摩擦熱で食品を内部から加熱する機器です。ほとんどのプラスチック容器 自体はマイクロ波で変質したり、加熱されることはありません。しかし食品全体が加熱されるとその熱が容器に伝わるので容器も加熱されることになります。で すから容器の温度は中の食品の温度に従います。油性の食品はかなり高温になります。したがってプラスチックのそれぞれの耐熱温度表示に注意してください。


レトルト食品の安全性は?

レトルト食品というのは容器に調理済みの食品を入れ、レトルトという装置の中で高温高圧下で加熱殺菌した製品です。その容器、包装材については厚生省に よって厳しい規制が設けられています。すなわち真空気密性、ヒートシール性、加熱殺菌適性、高バリヤー性、長期保存性など性能面や安全性の面でも保証され ています。


パックごと熱湯で温めるカレーやシチューがあるが、プラスチックは大丈夫?

インスタント食品の包装に使われているパックなどは、内装がポリエチレンなど、外装は耐熱性のあるフィルムが使用され、その間にアルミ箔がはさまっています。120℃の高温殺菌に耐えられるようになっています。


プラスチックの台所用品の煮沸消毒は?

物理的には、耐熱温度が100 度以上を超えていれば煮沸に耐えれます。品質表示の表示温度に注意してください。


発泡スチロールのトレーに熱い食品を入れても大丈夫?

トレーに揚げたてのてんぷらやコロッケ、トンカツ、ハンバーグやたこやきなどを載せるとトレーが変形したり穴があいたりすることがあります。このような使 い方をされる場合は少し時間を置いてから載せてください。油性の食品をトレー、パックしたまま電子レンジで加熱しますと変形したりすることがあります。


ラップやプラスチック容器を冷凍庫で使用しても大丈夫?

家庭用の冷凍庫は-30度です。ラップは-60度の耐冷温度です。ただし、冷凍庫ではラップの密着性が低下しますので大きめに切ってたっぷり包んで使用し てください。密封容器の場合はフタと本体とは材質が異なるものがあり、ピッタリしなくなることがあります。品質表示を確かめてください。


ポリ袋に裸の食品を入れても大丈夫?

一般のポリエチレンの袋は食品を直接入れることを前提とし、食品衛生法による規格基準に適合するように製造されています。ただし、ごみ袋用として売られて いるもののなかには、再生原料や規格外の顔料を使っているものもあります。裸の食品を入れることは避けてください。


ポリ袋やラップの一部を誤って食べたが?

ポリ袋やラップの材料は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニルなどです。これらは他の一般プラスチックと同様化学的には不活性で、仮に誤って切れ端を食べたとしても体内で化学反応はせず、また消化もされずにそのまま体外に排出されます。


プラスチック容器に塩、醤油、酒などを長時間入れても大丈夫?

食品用の容器は醤油、塩、酒などと長時間接触しても、容器から食品への溶出は安全です。


プラスチック容器に梅干しは大丈夫?

食品の酸ぐらいではプラスチックは大丈夫です。


プラスチック製まな板にも細菌が繁殖することはあるの?

まな板の材料は、通常ポリエチレンです。プラスチックは一般に吸水性はほとんどなく、木製のまな板に比べて細菌などが繁殖しにくい材料です。プラスチック 製のまな板でも使用しているうちに細かい切り傷ができて、そこに食物や水分が溜り洗浄が不十分で清潔に保管されていないと、まれに霊菌が発生することがあ ります。霊菌は人体には無害ですが、霊菌の出す生成物でまな板がピンク色に染まることがあります。


プラスチック製バケツを食品用に使っても大丈夫?

大丈夫です。ポリエチレンバケツには一般用と消化用がありますが、何れも飲料水を入れる場合を想定して、食品衛生法の規格基準に適合するように作られています。


メラミン樹脂のホルマリンの液出は?

使用して古くなったメラミン食器でも、ホルムアルデヒドの溶出量が増えるということはありません。国では、メラミン食器を安全に使用できるよう、食品衛生 法によって規格基準をさだめていますが、業界では、更に自主規制基準を設けてメラミン食器の安定した品質確保のために品質管理を徹底しております。メラミ ン食器から溶出するホルムアルデヒドの量は、食品衛生法の基準値の約1/10以下で、安全性に問題はありません。


プラスチック容器の耐用年数は?

一般的な耐用年数はありません。ただし、長期間使用すると黄ばんだり、内容物の色の一部が移ったり逆に色のついた容器は色があせることがあります。金属ほ ど表面が硬くないので傷がつきやすいのですが、衛生面では心配ありません。なお、直射日光に長時間あてると脆くなります。従って耐用年数はありませんが、 長期間使用しますと見栄えが悪くなりますので、適当な時期に買い替えてください


プラスチックの種類と簡単な見分け方は?

次に挙げる四大樹脂で生産量の70%を占めます。
◇ポリエチレン
炎を近づけると融けてしたたり落ちながら激しく燃える。炎を離しても燃えつづけ、炎は先端が黄色で、下端が青色である。燃焼時特有のパラフィン臭がし、燃えカスは黒です。
◇ポリプロピレン
易燃性で、融けながら燃え、炎を離しても燃えつづける。炎の先端は黄色で下端は青色です。燃えカスは黒色です。特有の甘みのある石油臭がします。少量の白煙を生じます。燃えるとき、融けて滴り落ちるが、ポリエチレンほど激しくはありません。
◇ポリスチレン
易燃性で多量の黒いすすを出してよく燃えます。炎は黄色でスチレンモノマー特有の刺激性の臭いがします。炎を離しても燃え続け、燃えカスは黒です。
◇塩化ビニル樹脂
難燃性で、炎を遠ざけると消えます(自己消化性)。炎の色は黄色で、下端は緑色です。塩素含有物特有の刺激臭がします。燃えるときは黒煙をあげます。燃えカスは黒です。