種類は?

パルプ
木材やその他の繊維材料から機械的、化学的方法でセルローズをなるべく純粋に取り出したものです。
セパレート紙
両面にシリコン加工を施した紙です。
合成紙
カーバイト、石油などを原料として合成した高分子化合物から紡糸した繊維。
グラシン紙
亜硫酸パルプを原料とし、光沢をつけて透明に仕上げた薄紙。
シリコンペーパー
片面もしくは両面にシリコン加工を施した紙。耐熱性、耐薬品性、撥水性、電気絶縁性などに優れている。
渋紙
張り合わせて柿渋を塗った紙。
和紙
日本特有の紙。古来の手漉きによるものと、機械漉きによるものの2種あります。前者は、コウゾ、ミツマタ、ガンビなどの靭皮繊維を原料とするもので、半紙、美濃紙、奉書などの種類がある。後者は、故紙、木材パルプ、ぼろ、マニラ麻やミツマタの繊維などを原料とするもので、ちり紙、京花紙、障子紙、書道用紙、などの種類があります。