キッチンエイドミキサー

用途は?

食材を撹拌する機械です。標準機器としてはケーキ・クッキー等の製菓用生地、又、粘度の高いパン・ピザ等の生地作りにお使いください。オプションアタッチメントを取り付ける事により幅広いマシンに変わるミキサーです。


アタッチメントについて教えて?

アタッチメントについて


KSM5の各部のなまえとはたらきは?

KSM5の各部のなまえとはたらき


KSM90WWの各部のなまえとはたらきは?

KSM90WWの各部のなまえとはたらき


撹拌部品の用途は?

撹拌部品の用途


KSM5の使用方法は? 

ミキシングのスタート
1.ボウルを取り付けます。
1-1.ボウルの持ち上げハンドルを時計方向に回してダウン位置にします。
ハンドルを時計方向に回してダウン

1-2.ボウルの位置決め金具の穴を、位置付けピンに合わせ、挿入します。
ボウルを位置付けピンに合わせます

1-3.ボウル・ピンがスプリング式掛けがねにカチッとはまるまで、ボウル後部を押し下げてください。

2.撹拌部品(平面ビーター、ワイヤー・ホイップ、ドゥーフック)を取り付けます。
2-1.モーターヘッドとボウルの間から撹拌部品を入れます。
2-2.撹拌部品の取り付け部をビーター・シャフトにはめ込み出来る限り上に押し、反時計方向に回してビーター・シャフトのピンに引っかけます。
ボウルを位置付けピンに合わせます

3.ボウルを上げます。
3-1.ボウル持ち上げハンドルを反時計方向に回して、カチッとロックされる位置まで上げてください。
ボウルを位置付けピンに合わせます

4.材料を入れます。
モーターヘッドとボウルの間から材料を入れてください。(材料はボウルを持ち上げる前に入れても結構です。)
ミキシング前に、ボウルは必ず持ち上げてください。

5.電源プラグを専用コンセントに差し込んでください。

6.速度調節レバーをスタートさせます。
ボウルから材料が飛び散るのを防ぐため、必ず低速にセットしてから、除々に望ましい速度に上げてください。
CKT07.36
※速度の調節は「速度調節の目安」を参照してください。


KSM5の使用方法は?

ミキシングの終了
1.速度調節レバーを「0」にし、電源プラグを抜きます。

2.撹拌部品(平面ビーター、ワイヤー・ホイップ、ドゥーフック)を取り外します。
2-1.ハンドルを時計方向に回し、ボウルをダウンの位置にします。
CKT07.38

2-2.撹拌部品を出来る限り上に押して、時計方向に回し、ビーター・シャフトのピンから外し抜きます。
CKT07.38

2-3.撹拌部品をボウルの中に落とし込みます。
CKT07.39

3.ボウルを取り外します。
3-1.ボウルの取手を握って、真っすぐ上に持ち上げ、位置づけピンから外してください。
CKT07.40

3-2.ボウルの中から撹拌部品を取り出します。


使用上の注意点は?

●モーター保護装置について
KSM5の機械には、モーター保護装置が内蔵されています。モーターは、無理がかかった場合には自動的に止まります。このようにモーターが止まった時、その原因を取り除いた後、3分間以上機械を休ませてください。その後、機械右側面に付いている黒いリセットボタンを押せば、再度モーターは回転します。
リセットボタン

●モーター・ヘッド部の熱について使用中モーター・ヘッド部が熱くなることがあります。これは負荷の大きいものを長時間にわたってミキシングした場合、モーターが熱を持つためで故障ではありません。異常に熱を持つ場合は、約45分間機械をさませてから、再度ご使用ください。


KSM90WWの使用方法は?

ミキシングのスタート

1.モーター・ヘッドを上げます。
1-1.ロッキング・レバーを後の位置にし、モーター・ヘッドのロックを外します。
モーター・ヘッドのロックを外します
1-2.モーター・ヘッドを上に持ち上げてください。
CKT07.43

2.ボウルを取り付けます。
ボウルを締め金板に置き、時計方向にゆっくりと回します。
ボウルを取り付けます。

3.撹拌部品(平面ビーター、ワイヤー・ホイップ、ドゥーフック)を取り付けます。撹拌部品の取付け部をビーター・シャフトにはめ込み、出来る限り上に押し、反時計方向に回してビーター・シャフトのピンに引っかけます。
撹拌部品(平面ビーター、ワイヤー・ホイップ、ドゥーフック)を取り付けます。

4.モーター・ヘッドを下げ、ロックします。
4-1.モーター・ヘッドを下に降ろし、完全に下がっているか確認してください。
モーター・ヘッドを下げ、ロックします。
4-2.ロッキング・レバーを手前のロックの位置にし、ヘッドが上がらないか確認してください。
ロッキング・レバーを手前のロックの位置に
ミキシング中はモーター・ヘッドは常にロックされた状態にしてください。

5.材料を入れてください。(材料はモーター・ヘッドを下げる前に入れても結構です)

6.電源プラグを専用コンセントに差し込んでください。

7.速度調節レバーをスタートさせます。
ボウルから材料が飛び散るのを防ぐため、必ず低速にセットしてから、除々に望ましい速度に上げてください。
速度調節レバーをスタートさせます。

※速度の調節は「速度調節の目安」を参照してください。


KSM90WWの使用方法は?

ミキシングの終了

1.速度調節レバーを「0」にし、電源プラグを抜きます。

2.モーター・ヘッドを上げます。
1.モーター・ヘッドのロックを外し、モーター・ヘッドを上に持ち上げてください。

3.撹拌部品(平面ビーター、ワイヤー・ホイップ、ドゥーフック)を取り外します。
1.撹拌部品を出来る限り上に押して、時計方向に回し、ビーター・シャフトのピンから外し、抜きます。

4.ボウルを取り外します。
1.ボウルを反時計方向に回し、取手を持ってボウル締め金板から外します。


使用上の注意点は?

●撹拌部品はボウルの底に触れないよう工場で調節されています。
何らかの理由で撹拌部品がボウルの底が当たっていたり、ボウルから離れすぎていた場合、その間隔は以下のようにして修正して下さい。

1.モーター・ヘッドを持ち上げてください。
2.撹拌部品を上げるには、モーター・ヘッドのジョイント部にあるマイナスのネジを左に、下げる場合には右に心持ち回してください。

●使用中、モーター・ヘッド部が熱くなることがあります。これは負荷の大きいものを長時間にわたってミキシングした場合、モーターが熱を持つためで故障ではありません。異常に熱を持つ場合は、約45分間機械をさましてから、再度ご使用ください。


速度調節の目安は?

速度調節の目安


アタッチメント(オプション)の使い方は? 

キッチンエイドの各アタッチメントは、耐久性を考慮してデザインされています。各アタッチメントを動かす動力装置は、キッチンエイド本体に内蔵されていますので、別の動力装置を設ける必要はありません。
各アタッチメントへの動力伝達は、パワー・シャフトとハブソケットが正方形の形状ですので、滑りがなく無駄がありません。また、長期の使用による摩擦でも装着しやすいように、ハブとシャフト・ハウジングは先細に設計されています。
アタッチメント(オプション)の使い方

 

取り付け方
1)ミキサーの速度調節レバーを「0」にし、電源プラグをコンセントから抜いてください。
2)ノブを反時計方向に回して緩め、ハブ・カバーを外します。
3)各アタッチメントのシャフト・ハウジングをミキサーのハブに挿入します。パワー・シャフトがハブ・ソケットに正しく入っているか確認してください。
パワー・シャフトがハブ・ソケットに正しく入っているか確認してください
●ピンがハブの外輪にある刻み目にフィットすれば、アタッチメントは正しい位置にあります。

4)ノブを時計方向に回し、アタッチメントをしっかりと締めつけてください。
ノブを時計方向に回し、アタッチメントをしっかりと締めつけてください

 

取り外し方
1)ミキサーの速度調節レバーを「0」にし、電源プラグをコンセントから抜いてください。
2)ノブを反時計方向に回して緩めてください。
3)アタッチメントを左右に少し回転させながら抜きます。
4)ハブ・カバーを再度取り付け、ノブを時計方向に回してハブ・カバーを締めます。


速度調節レバーをONの状態にしても、まったく機械が作動しないのですが・・・?

●停電ではありませんか?
通電するのを待ってください。

●電源プラグが抜けていませんか?
電源プラグを差し込んでください。

●室内・室外にある漏電遮断機が切れていませんか?
「OFF(切)」に作動している場合は、お買い上げ店にすぐに連絡してください。

●モーター保護装置(KSM5)が作動していませんか?
モーターに無理がかかっています。その原因を取り除いた後、3分以上機械を休ませ、黒いリセットボタンを押してください。


モーターの回転数が落ちたのですが・・・?

●ボウル内の撹拌する食材が負荷の高いものになっていませんか?
・処理量を減らすなどして負荷を低くしてください。
・本機は、負荷(粘度)が増すにつれて回転数も速度「4」程度まで低下していきます。


作動中に異音がするのですが・・・?

●ボウルに撹拌部品(標準装備)が当たっていませんか?

KSM910WW :ビーターとボウルの調節のしかたを参照してください。
KSM5:お買い上げ店に申しつけてください。


モーターヘッド部が異常に熱くなったのですが・・・?

●負荷の高いものを長時間使用していませんか?
約45分間、機械をさましてください。


刺激性の臭いがするのですが・・・?

●まだ新品ではありませんか?
ご使用を続ける内になくなります。