紙すき鍋 あら味

紙すき鍋の使用上の注意は?

●紙すき鍋の底面と受け網を平行にして、底に隙間ができるようにセットして下さい。隙間無く強く押し付けてセットすると、受け網と紙が接した部分の温度が高くなり、内側に気泡ができて、焦げ穴のあく恐れがありますので注意して下さい。
●受け網をコンロにセットする際、傾かないようにし、固形燃料はアルミ包装の物か、火入れに入れてコンロの中央にセットして下さい。固形燃料は25g以内にして下さい。
●受け網が傾いていたり、固形燃料が中央におかれていなかったり、燃料が大きすぎるとだしの入っていない部分に炎が当たり、紙が燃える危険性があります。
●こびりつきやすい食材(もち・うどん等)を使用する場合、紙すき鍋が焦げ、破れる恐れがあります。豆腐を使用する場合は、先に野菜等を下に敷き豆腐が紙と接しないようにして下さい。
●具を先に入れ長時間放置しますと、具が乾燥して紙すき鍋にこびりつくことがあります。必ずだしを先に入れて下さい。
●空だきは絶対にしないで下さい。