カボチャカッター

注意事項は?

かぼちゃカッター

この製品は包丁を使用した簡易型の手動式カッターですので、製品の性質上包丁と同類ですのでご自身で注意しながらケガ及び事故のないようにご使用下さい。

●始業、終業点検を行い、作業中も絶えず刃物及び柄・本体等に破損、異常等がないか、安全を確認しながらご使用下さい。異常を発見したときは、すぐに使用を中止して異常を取り除いて下さい。
●作業開始前に必ず、支点ネジ、ツバの止めネジのゆるみ、包丁のワレ、カケ、ヒビ等がないか確認し、不都合があった場合は、作業を中止して修理なさるか、販売店またはメーカーへ修理にお出し下さい。


使用方法は?

●作業台は低めの台でしっかりした台をご使用下さい。
●必ず一人で作業して下さい。

CKB01.21、図1の様に、柄を持ち上げ、すわりの良い状態で、カボチャのヘタを上にして、カボチャをカット台にのせます。この際、刃の下りる方向、カット溝等に絶対に手等を入れないで下さい。

CKB01.22、図2の様に、カボチャを軽く片手で押さえ、刃をカボチャに少しくい込ませます。くい込みが浅いとカボチャが多少手前にずれる事があります。

CKB01.23、図3の様に、柄を両手でしっかり握り、力を入れて押し下げると、2分割になります。

CKB01.24、4分割の場合は、図4の様に半分のカボチャのカット面を下にして、図2、図3の要領で作業して下さい。

<掃除方法>
●水又はお湯で中性洗剤にてきれいに洗い流して下さい。
●ご使用後は幼児の手の届かない、落下等の心配のない安全な場所に保管して下さい。
●カット溝の中は必ずブラシ又は、棒などで掃除し、溝には絶対に指を入れないで下さい。
●刃の切れが悪くなりましたら、支点ネジをはずし、両刃研ぎをして下さい。
●メーカーにて刃の研ぎ直しも承ります。

※刃物を使用した道具ですので、無理な作業はさけ、十分に安全をご確認の上取り扱いに注意してご使用ください。無理な作業をすると包丁がカケたり折れる事があります。
※刃を上に持ち上げた状態では柄から絶対に手を放さないで下さい。