ガス赤外線同時両面焼グリラー「武蔵」

各部の名称は?

ガス赤外線同時両面焼グリラー「武蔵」 各部の名称


点火については?

点火操作手順
1.ガス元栓を開いて下さい。

2.点火棒コックを開いて点火棒にライターなどで点火して下さい。
(最初はゴム管内部などの空気が出る為に点火しにくい場合があります)

3.各バーナーごとに器具栓つまみを開き、点火棒にて一本一本点火して下さい。
【注意】
バーナーに点火棒の炎を先に近づけてから器具栓つまみを、ゆっくり開き点火して下さい。

4.バーナー点火後、点火棒は必ずパイロット栓つまみ(点火棒コック)を閉じて消火して下さい。
点火については?


消火については?

消火について
●各バーナーの器具栓を『閉』の位置までしっかりともどし、ガス元栓も同様に閉じる。
●おでかけ、お休みのときには、ガス元栓を必ず閉じる。
ガス元栓を必ず閉じる

火災予防
●付属の取扱説明書(安全編)には火災予防の為に、器具の使用および器具の周辺についての注意事項を記載しておりますので、必ずよくお読み下さい。

使用ガスについて
●必ず銘板(器具本体に貼付)に表示してあるガス(ガスグループ)以外のガスは使用しないで下さい。

汁受け皿について
●汁受け皿に水を入れて、器具に設置して下さい。
(水量は6分目位が適当です)

清掃時について
【注意】
●機器のお掃除には、必ず布手袋を着用して下さい。
●機器が冷えてからお掃除をして下さい。


使用方法は?

準備
●汁受け皿に水を入れて下さい。水量は皿の半分程度が適量です。
●バーナーおよび点火棒の器具せんつまみの位置が「閉」の状態を確認し、ガス元せんを全開にして下さい。
点火について
1、点火棒の器具せんつまみを「開」の位置まで開いて点火棒にマッチ等にて点火して下さい。
注意初めて使う時やしばらく使わなかった時には、ゴム管内部の空気により付きにくいことがあります。
2、各バーナーごとに付いている器具せんつまみを「開」の位置まで開き、点火棒にて点火して下さい。(点火したことを確認して下さい)
注意 ・・ 空気調整は適正な位置になっておりますので調節はいりません。
3、点火後は点火棒の器具せんつまみを「閉」の位置まで閉じ、点火棒を消火して下さい。(消火したことを確認して下さい)
消火について
各バーナーの器具せんつまみを「開」の位置までしっかりともどし、ガス元せんも同様にしっかりと閉めて下さい。(消火したことを確認して下さい)
注意・・完全に「閉」の位置まで戻さないと、ガス漏れしたりして大変危険です。
お出かけやおやすみの時は必ずガス元せんを閉めて下さい。
焼網・ロストルについて(付属品)
●器具の庫内両側にある棚板にのせ奥まで差し込んで下さい。
●ロストルの間隔は料理の大きさ(串の長さ)に合わせて調節して下さい。
注意加熱した焼網・ロストル・汁受け皿を水などで急に冷やさないで下さい。変形したり、水が加熱されて飛び散ったりして危険です。


手入れは?

●器具のお掃除には必ず布手袋などの保護具をして行って下さい。
●器具が冷えてからお掃除して下さい。


ハンドルの操作方法は?

ハンドルの操作方法


レバーの操作方法は?

レバーの操作方法


上火バーナーのみ使う時は?

上火バーナーだけでの使用について
●下火バーナー化粧板に汁受け皿がのうようになってますので、汁受け皿に水を入れ下火バーナー化粧板に乗せてお使い下さい。
【注意】
●汁受け皿の水を下火バーナーに、こぼさないように十分注意して下さい。


下火バーナー化粧板の取り外し方法は?

下火バーナー化粧板の取り外しについて

【注意】
・機器が冷えてから行って下さい。
・お手入れの際は、保護具(布手袋など)を着用して行って下さい。

1.汁受け皿をとりだします。
2.ロストル受けを最上部まで上昇させます。
3.下火バーナーを最下部まで下降させます。
4.下火バーナー化粧板を上へ持ち上げ手前に引き出しバーナー部より外します。
この時、耐熱ガラスにあたらないよう気をつけて下さい。
5.器具表面及び、汁受け皿、化粧板、耐熱ガラスを中性洗剤で手入れした後、乾いた布で十分水気をふき取り、機器に取付けて下さい。

●SGR-45のお手入れ手順2の場合はロストル受け用上下レバーを操作して下さい。


耐熱ガラスが汚れたら?

耐熱ガラス
●焼き汁などで汚れがひどくなった時は、5分から10分空だきをしますと焼けて灰になりますので、冷えてから湿った布でふき取って下さい。

【注意】
●耐熱ガラスは熱には強いのですが、衝撃を与えると破損することがありますので注意して下さい。


耐熱ガラス・ロストル棒については?

耐熱ガラスの設置
●耐熱ガラスは、各下火バーナーのガラス受けに乗せて使用して下さい。
●ガラスに乗りにくい場合は、ガラス受けの取付けネジを緩めて乗せて下さい。
乗せ終わりましたら必ず取付けネジを緩めて下さい。
耐熱ガラス

ロストル棒の設置について
●ロストル棒は、ロストル受けに乗せてお使い下さい。
ロストル棒