FMI コマーシャルブレンダー

HGB-SSの容器部の構造は?

FBL03.1


7011Sの容器部の構造は?

FBL03.2


操作手順は?

1.容器を本体に取り付けてください。
(HGB-SS)本体上部の容器はめ込み盤内のカプッリングに容器下部のカップリングが合うように乗せてください。
(7011S) 本体上部の容器はめ込み盤内のドライブスタッド(四角)に、容器底部のシャフト穴が合うように乗せてください。

2.お好みの調理物を入れて、容器蓋をしてください。

3.スイッチを「LOW」に入れてください。回転速度は、LOW(低速)、HIGH(高速)の2段階になっていますので、処理物の種類により「HIGH」回転でご使用ください。スイッチを入れた時、容器が揺れることがありますので、片手で容器蓋を押さえてスイッチを入れてください。

4.処理の途中で調理物を加えたり、調味料を入れたりする場合は、のぞき蓋を取ってのぞき窓から入れてください。のぞき蓋は、のぞき蓋の凸部(2ヶ所)と容器蓋の凹部(2ヶ所)が合うように回して取り外してください。

5.調理が終わればスイッチを切り、容器を本体から外して調理物を取り出してください。容器の取り外しは、把手を持ち、上に持ち上げると簡単に外れます。

6.調理物を取り出した後、容器および容器蓋を洗浄して、調理物の付着をきれいに取り除いてください。


使用上の注意は?

1.スイッチを入れる前に、容器が本体に正しく取り付いているか、容器蓋が締まっているかを確認してください。

2.調理物は入れ過ぎないようにしてください。多量の調理物を入れますとモーターに過負荷がかかり、モーターの寿命を著しく縮めます。

3.空運転はしないでください。調理物を入れずに運転しますと、容器のカッター軸部が焼き付き、回らなくなりますので特にご注意ください。

4.使用中は、本機の底部に水が浸入しないように注意してください。モーターが高速回転する時、床面に水がたまっていますと水を吸い上げモーターの回転不良の原因になりますのでご注意ください。

5.試運転の場合は、容器に水を約1/2程度入れて運転をしてください。

6.調理物の処理が終われば、容器を本体から外してください。長時間そのままにしておきますと、液がにじみ出て本体を汚すことがあります。

7.1回の運転は15分以内(7011Sは10分以内)にしてください。連続的に使用する場合は、15分運転したらしばらく(5~10)停止してください。

8.熱いもの(65度C以上)を調理する時は、次の事項にご注意ください。
1)処理量は、容量の1/4以下にしてください。
2)のぞき蓋は外してください。(膨張した空気を逃すため)
3)スイッチは、スタート時「LOW」(低速)に入れてください。その後、処理物の種類により「HIGH」にしてください。
4)容器の上方に手や顔を近づけないでください。処理物がとび散る可能性があります。