電動式ネギスライサー

各部の名称は?

各部の名称

1.刃物
2.刃物取付ナット(前)
3.刃物研磨装置(刃物を研磨します)
4.あつみ調節ツマミ(切削物の厚みを調節します)
5.電源スイッチ
6.アース線
7.電源コード
8.フック(切削室フタを閉じ、ロックします)
9.ネギ排出口
10.ベルト駆動ギヤシ室
11.ピン(切削室フタを取り外す時上に引きぬきます)
12.押えローラー(ネギを送るベルトに押えつけます)
13.投入口
14.送りベルト(ベルトが駆動します)
15.延長アーム(取り外し可能)
16.テンションボルト(送りベルトの「張り」の調節に使います)
17.送り装置(ネギを切削室に送り込みます)
18.蝶ナット(送り装置を外す時に使います)
19.切削室フタ(取り外し可能)


使用方法は?

正しい使い方
1.ネギを用意します。
ネギは土や砂などを洗い流し、根を切り取っておきます。また、しおれたものや枯れたものは取り除いてください。
ネギを用意

2.ネギを受ける容器を準備します。
排出口の下にボールなど容器を置きます。
容器を準備

3.ネギを投入口に入れます。
押えローラーと送りベルトの間にネギをはさみ込みます。延長アームにネギをのせると垂れ曲がらずスムーズに送り込めます。
ネギを投入

4.電源スイッチを入れます。
電源スイッチを「ON」にします。刃物が回転し、ベルトが駆動してネギを送り込み始めます。
スイッチを「ON」
警告
必ず切削室フタを閉じ、フックでロックをしてから、電源スイッチを入れてください。切削室のフタが閉じていないと電源スイッチを「ON」にしても始動しません。

5.厚みを調節します。
厚み調節ツマミを回します。右へ回すと厚くなり、左へ回すと薄くなります。(厚み調節の0~10の表示は厚みの目安としてお使いください。)
厚みを調節

6.電源スイッチを切ります。
切削終了後、電源スイッチを「OFF」にします。
電源スイッチを切る


刃物の研ぎ方は?

1.刃物を刃物研磨装置に取り付けます。
1-1.刃物研磨装置のフタを開け、刃物取付ナット(後)を付属スパナで取りはずします。
1-2.刃物カバーを付けた刃物を刃物取付座(後)にはめ込み刃物取付ナット(後)を手で右に回し仮止めします。

CNG08.22
1-3.付属のスパナの長く曲げてある側を刃物の裏側にはめ込みます。(固定側)
1-4.もう1本のスパナを刃物取付ナット(後)にはめ右に回し締めつけます。
1-5.刃物から刃物カバーを取りフタを閉めます。

2.刃物を研ぎます
2-1.電源プラグをコンセントに差し込み電源スイッチを「ON」に入れ、刃物を回転させます。2.刃研ぎツマミAを手前に引き、砥石を刃物に2~3秒、5~6回あてます。
2-3.刃研ぎツマミBを軽く押し砥石を刃物に1秒5~6回あてます。
2-4.刃の磨耗ぐあいにあわせ、2.、3.を2~3回繰り返します。
2.、3.を2~3回繰り返します

 


故障の見分け方は?

●故障の見分け方と処置方法
故障の見分け方は?