電子タイムレコーダー

各部の名称は?

各部の名称


操作部は?

上ぶたを開けて、各項目の設定を行います。
左側にあるダイヤルを回して設定見出しを回転させることで、設定見出し1.~2.を出すことができます。設定見出しの手前にあるボタンを押して操作します。

設定見出し1 設定見出し2

 


毎日の使いかたは?

出退社の選び方
「出」「退」の印字位置は、欄ボタンを押して選びます。
●欄ボタンを指定して赤く点灯させてからタイムカードを挿入します。すると、タイムカードの、欄ボタンで指定したところと対応した欄に印字します。
タイムカードの他の欄に印字したい場合は、印字したい欄ボタンを指定します。
●次に欄ボタンを押すまでタイムカードの印字位置は変わりません。

タイムカードの入れ方

印字欄を確認してカードを軽く挿入します。カードは自動的に引き込まれ、印字されます。
●自動引込式です。無理に押し込んだり、印字中に引き抜いたりしないで下さい。
●上下を誤って挿入すると印字してしまいます。注意して下さい。
●表裏判断機能付アマノ標準ABCカードをお使いのときのみ機能します。
●表裏を誤って挿入すると、印字せずにカードを排出して「ピコピコピコ」とエラー音を鳴らします。

時刻改ざん印字

●時計を5分以上変更すると、変更後初めての打刻のみ「時の位」の印字が小文字になります。時刻を元に戻した場合は、5分以上の変更であっても通常どおり
大文字で印字します。
●サマータイムの設定操作をした日に、自動的に1時間進んだり戻ったりした場合も、最初の打刻のみ「時の位」が小文字になります。設定操作をした日でなければ、通常どおり大文字で印字します。