ホームシフター

構造図は?

ホームシフター構造図

※亀甲の上下に注意

※上あみ、下あみ共、同一の物使用
但し、両方ともハトメの割れている方を上にして入れてください

※ピンは軸のみぞに差し込み、落ちないことを確認してください


組み立て方は?

1.レバー孔に連動線の先を差し込み矢印方向へ押し込みます。

ホームシフター組み立て1

 

2.本体を逆さにして左手でハンドルを持ち、引手を指で引き右手で連動線を持って引手孔に入れます。持って引手孔に入れます。

ホームシフター組み立て2

 

3.ハトメの割れの部分を上にしてレバーの下に網を入れます。
※ハトメの割れの部分を上にする。

ホームシフター組み立て3

 

4.下亀甲をレバーの下、網の上に入れます。
※上下を注意してください。
※下亀甲は図のように上亀甲と孔位置が違うので注意してください。

ホームシフター組み立て4

 

5.おさえリングを本体みぞに合わせて平らに入れます。
(亀甲のふちにのせないように)
※下図のようにおさえリングの足をリベットの頭にあてないよう注意してください。
※おさえリングの足の間にリベットの頭がくるように入れます。

ホームシフター組み立て5

 

6.レバー孔と亀甲孔を合わせ組立用軸を孔に通します。
※レバー孔に組立用軸を差し込み、亀甲孔を合わせます。

ホームシフター組み立て6

 

7.左手で本体を持ち左指で組立用軸を落ちないようにおさえ本体を斜めに傾け、右手で網をいれます。
※S-2の網の向きに対してはハトメの割れている方を下にして下さい。

ホームシフター組み立て7

 

8.上亀甲を組立用軸に孔を合わせて入れます。
※孔位置の上下に注意。

9.軸を差し込みながら下より組立軸を抜き取ります。

10.本体を逆さにして軸が抜け落ちないように左手中指で押えながら、ワッシャーを入れて下さい。

ホームシフター組み立て10

 

11.ピンを軸の溝に合わせて入れます。

ホームシフター組み立て11

引手を動かして作動状態をテストしてください。

1.引っかかりはありませんか?
2.キィキィといやな音はしませんか?

以上で組立は完了です。