ハミルトンビーチ ブレンダーカッター

各部の名称は?

各部の名称


スイッチの役割は?

2段回転速度は2種類(高速及び低速)
操作が簡単な大型スイッチが3セット設けてありますが、使用材料により使い分けが出来ます。
スイッチ

1.向かって左のスイッチ:電源スイッチ(切=OFF/入=ON)

2.真中のスイッチ:回転高低速スイッチ(高速-13,500回転/低速-11,500回転)

3.向かって右のスイッチ:波動(パルス)スイッチで、攪拌の程度の強弱を決めます。筒内の材料によってそれを決める訳ですが、回転速度の高低に関係無 く、このスイッチの操作で攪拌の強弱を設定出来ます。このスイッチを切ると、普通の回転攪拌に戻ります。このスイッチの操作で攪拌仕上りのキメの細かさ具 合を調節して下さい。それにより、微妙にブレンドの程度を判定することが出来ます。このスイッチは、電源(ON/OFF)スイッチが切(OFF)でも使え ます。

 


操作方法は? 

1.ステン筒にブレンドする材料を入れて下さい。ステン筒を消毒した直後では、水道水で十分に洗ってから、材料を入れて下さい。
カバー抑え

2.材料を入れた筒を台にしっかり取付けて下さい。中心を合わせて取付け、台にきっちり安定しているかどうか確認して下さい。次にカバー(蓋)を乗せ、筒の縁に平均に乗っていることを確かめ、カバー(蓋)抑えを両側で締めて固定して下さい。

3.乾燥した材料と湿気のある材料を同時にブレンダーに入れる場合は、湿気のある方を最初に入れて下さい。湿気のある材料が乾燥した材料をブレンダーの中で下の方に引き込んでくれます。

4.乾燥した材料と、湿気のある材料を別々にブレンドする必要の有る場合は、乾燥した材料を最初にブレンドし、筒を開けてから、次に湿気のある材料をブレンドして下さい。その方が時間が節約出来ます。

5.乾燥した材料のみをブレンドする時は、波動(パルス)スイッチを使用して下さい。上の方に残った材料を刃の方に落としてくれます。


洗浄方法は?

温水を筒の半分ほど入れ、そこに洗剤を、液体ならば数滴、粉末なら茶さじ1杯を混ぜます。カバー(蓋)をして、低速で30秒間回転させます。洗剤液を流し 出し、清浄な温水で良く洗い落とします。洗浄した筒は、カバー(蓋)を外したまま自然乾燥します。カバー(蓋)は、下側のパッキン及びキャップ摘みのパッ キンを外し、石鹸水(温水)で洗い、使用食材のカス等を綺麗に洗い落とし、更に水洗いをしてパッキンをセットし、そのまま自然乾燥します。

モーター台
清掃は、濡布で拭いて下さい。モーター台は絶対に水に浸けないで下さい。

ブレンダーの筒
1時間使わなかった場合は、前記の通りに清掃、乾燥し、更に筒に消毒用クロール液(塩素100PPM)を満たしカバー(蓋)をかぶせ、低速で2分間回転さ せて下さい。その後、筒内の消毒液を流し出し筒を空にします。この時、筒を絶対に洗わないで下さい。そのまま台に取付けて2秒間高速で空回しをして乾燥さ せて下さい 。