バーチカルミジン

各部の名称は?

各部の名称


使用の手順は?

1.好みの調節板を取付けます
●電源プラグが抜いてある事を確認し、仕上げ状態により調節板を選んで取付けてください。

粗きざみの場合

下カッターはシャフトの凸部にカッターの凹部を合わせ、一番下まで入れます。調節板はAの位置まで入れます。上カッターは左右にひねりながら入れ、下カッタ―の凹部を合わせます。

2.投入口を固定します
●保護スイッチとガイドピンを合わせ、左右のパチン錠で固定します。
2.投入口を固定します

 


使用の手順は?

3.次の点検をしてください
1.機械は平坦な場所に置いてありますか。
2.本体カバーのスイッチをOFFにし、電源プラグを確実にコンセントに差し込んでください。
3.上下カッター、調節板、投入口は正しくセットされていますか。

4.食材を準備します
●切る野菜をあらかじめ適当な大きさに切ります。3~4(cm)角程度が適当です。
4.食材を準備します

5.切った食材を受ける容器を用意します
●短時間に大量に作られるので、少し大きめな容器を用意してください。容器の大きさの目安は120×200×150(mm)です。
5.切った食材を受ける容器を用意します


使用の手順は?

6.スイッチをONにし、食材を順次入れます
●食材は一度に多く入れず、少しずつ投入すると効率よくきざむことができます。
6.スイッチをONにし、食材を順次入れます

※食材を入れてからスイッチをONにしても回転しない場合があります。
※危険ですから投入口へは絶対に手を入れないでください。

7.切り終わったらスイッチをOFFにします。
※長時間連続で使用し、モーターの温度が上がり過ぎますと、プロテクターが働いて、自動的に機械がストップすることがあります。この場合はスイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜き、30分程度ご使用を休止してください。


手入れ方法は?

※ご使用後は、機械に付着した食材が乾く前によく掃除をしてください。
食材の洗い残しが故障の原因になる事があります

1.各ユニットを分解しお手入れをします
●必ずスイッチをOFFにし、電源プラグを抜いてください。パチン錠を解除し、カバーを外してください。各ユニットは水掛け洗いをするか、濡れた布でよく拭いてください。本体を水掛け洗いする場合、保護スイッチに水が入らないように指でカバーしながら行ってください。
1.各ユニットを分解しお手入れをします

●体は水洗いした後、乾いた布で必ず水気を拭き取ってください。

CMZ01.8

●体は水洗いした後、乾いた布で必ず水気を拭き取ってください。
※保護スイッチの周囲に付着した食材や水はすぐに拭き取ってください。
※回転刃は鋭い刃物なのでお手入れの際は十分にご注意ください。