マルチスライサーミニ

各部の名称は?

各部の名称


使用の手順は?

1.本体にカバーを取付ける
●両側のパチン錠で固定して下さい。
1.本体にカバーを取付ける

2.差込みプラグを差し込む
●スイッチがOFFになっていることを確認してから行って下さい。
2.差込みプラグを差し込む

3.スイッチを入れ食材をスライスする
●予めスライスした食材を受ける容器を用意します。短時間に大量にスライスされるので、少
し大きめな容器を用意して下さい。容器の大きさ目安は300×400×80(mm)です。
3.スイッチを入れ食材をスライスする

※はじめ、厚さは1mmにセットしてあります。これ以外は、先に厚み調整をして下さい。
危険ですので投入口へは、絶対に手を入れないで下さい。必ず押しを使い押し込んで下さい。
ごぼう、長ネギ等の斜め切りは、斜め切り投入口よりいれます。
好みの角度に調節してスライスして下さい。

※a回しながら押し込むと、ささがきが出来ます。

※b短くなった食材は、斜め切りガイドを矢印の方へ倒すか、新たな食材で押し込んでください。
危険ですから絶対に指を入れないでください。
CML02.5

4.作業を終えたらスイッチを切り、差込みプラグを抜く
4.作業を終えたらスイッチを切り、差込みプラグを抜く


手入れ方法と厚み調節の仕方は?

お手入れ方法
※ご使用後は、食材が乾く前によくそうじをしてください。
食材の洗い残しが故障の原因になることがあります。

1.本体側を先に掃除します。
パチン錠を解除し、カバーを外して、上から水掛け洗いをします。このとき、保護スイッチに水が入らない様に指でカバーしながら行って下さい。下方向から水を掛けたり、水に浸けたりしないで下さい。

2.カバー、押し類を掃除します。
●カバー、押しをそれぞれよく水洗いします。
※保護スイッチの周囲に付着した食材や水はすぐに拭き取って下さい。
お手入れ方法

厚み調整の仕方
1.厚みゲージをあてながらネジを回します。
●右図の様に、回転ドラムと回転盤の間に厚みゲージをあて調整します。厚み調整ネジA,B,Cそれぞれの部分にあてながら3ヶ所とも同じ幅にします。

厚み調整の仕方

注意
回転刃の面より回転盤の面がでない様にして下さい。切れが悪くなります。

CML02.9

2.微調整をする
●1mm以下の微調整は、厚み調整ネジAのみでおこないます。
半回転で約0.4mmの厚さになります。
厚み調節ねじ