まな板

使用上の注意は?

1、表面がすべりやすく感じる時は、研磨剤入りの液体クレンザーにて、たわし等でよくこすって下さい。すめり止めの効果があります。但し粉末クレンザーでは傷がつきます。

2、木芯が入っていますので、切断(分割、切り詰めなど)しないで下さい。また、内部の木芯が露出したときは、使用を止めて下さい。

3、表面削り(カンナがけ)は、しないで下さい。

4、毎回ご使用後は、ブラシ・たわし等を用いて、中性洗剤でよく洗って下さい。また洗浄後は、よく水分を拭き取り、立てかけて保管して下さい。カビ、黒ずみ等の防止になり、常に清潔にお使い頂けます。

5、週1回は漂白して下さい。シミ、汚れ等が除去できますので、長期間清潔にご使用頂けます。漂白には、台所用漂白剤を使用して下さい。

6、紫外線殺菌庫には入れないで下さい。表面が硬化したり変色することがあります。


使用上の注意は?

7、煮沸時間はできますが、10分以内を目安として下さい。長時間煮沸しますと、軟化して変形することがあります。また、鍋の底に触れると、溶けて変形することがあります。

8、温風保管庫ご使用の場合は、70度C以下でご使用下さい。高温長時間の保管では、溶けたり、フクレたり、変形の原因になります。吹き出し口の付近は、特に高温になりますので、できるだけ離して下さい。

9、加熱殺菌後のご使用にあたっては、必ず、全体を常温まで冷却してからご使用下さい。熱いまま使用しますと、プラスチックが軟らかくなるため、キズがたいへんつきやすくなります。また、反りなどの変形も生じることがあります。

10、加熱殺菌等の繰り返しによっては、若干の反りが発生する場合があります。反りに限らず、かだつきや滑りが気になる場合は、ふきん等を敷いて調整して下さい。

11、火気の近くに置かないで下さい。直火に触れると、溶けたり燃えたりしますので、絶対に近づけないで下さい。また、熱い鍋など、のせないで下さい。