タイジ 全自動酒燗器

各部の名称は?

各部の名称

1.ビン受けフタ
2.ビン受けジョーゴ(下部にフィルターがあります。)
3.ビン受け
4.切替スイッチ
5.採酒ランプ
6.温度調節ツマミ(お好みおかん温度に調節します)
7.水位計
8.ノズル(酒出口)
9.銚子台取付ネジ
10.排水コック(湯煎タンクの水またはお湯を抜く時に使います。)
11.排水口(蒸気抜口兼用)
12.注水口(湯煎タンクに水またはお湯を入れる時に使います)
13.ヒーター通電中ランプ
14.電源スイッチ
15.通電ランプ
16.残酒コック(残酒を抜く時につかいます。)
17.残酒抜口(残酒が出て来ます)
18.銚子台


各部の名称は?

各部の名称


製品の機能は?

1.電源スイッチを「入る」にしますと通電を示す通電ランプが点灯します。
2.湯煎タンクに水またはお湯を入れて温度調節ツマミを右に回しますとヒーターに通電し「ヒーター通電中ランプ」が点灯します。おかんが完了しますと消灯します。
3.ノズルを押込みますと「採酒ランプ」が点灯し、ノズルより酒が出てきます。
4.切替スイッチを「手動」または「洗浄」にしますと、採酒ランプが点灯しノズルを押し込まなくてもノズルよりお酒が出てきます。


使用方法は?

1.製品の電源スイッチを「切」にし、切替スイッチが中間(自動)になっている事を確認してください。
2.湯煎タンクに水またはお湯を入れてください。注水口よりジョーゴで水又はお湯(50度C以下)を入れてください。(図1-a)
使用方法1

水位計の黄線内の中程が適量です。(図1-b)
使用方法2

●黄線の上限で約3.1L入ります。(TSK-2200Nは約6L入ります。)
●入れすぎの時は排水口よりあふれます。排水コックを開き適量まで流し出してください。
●少ない時は、おかん性能が低下します。
〔注意〕
●注水しないで通電しますと空焚になり断線等、故障の原因になります。
(温度調節ツマミを「切」にしていれば空焚きにはなりません。)
●水またはお湯以外入れないでください。
3.差込みプラグをコンセントに差込んでください。
●電源は必ず100V、15A以上の専用コンセントからおとりください。
4.通電してください
電源スイッチを入れますと「通電ランプ」が点灯し、通電します。
5.温度調節ツマミを回してください。(図2)
温度調節器

温度調節ツマミを回しますと、「ヒーター通電中」ランプが点灯し、加熱します。温度調節ツマミの目盛「あつかん」にセットした場合TSK-1100N、2100Nは約30分、TSK-2200Nは約50分で「ヒ―ター通電中」ランプが消えて使用可能状態になります。(20度Cの水を湯煎タンクに入れた場合。)


使用方法は? 

6.一升ビンに付属のキャッパーを取付けて下さい。一升ビンの栓を抜き、付属のキャッパーを取り付けて下さい。(図3)
升ビンに付属のキャッパーを取付けて下さい

7.ビン受けジョーゴにキャッパーを取り付けた一升ビンを差し込んで下さい。(図3)
●残酒コックが閉まってる(右へ回らない)ことを確認の上、一升ビンを取付けて下さい。TSK-2200Nは残酒コックが左右にあります。

8.採酒して下さい。
8-1.お銚子の口をノズルが垂直になるまで軽く押し込んで、銚子台にのせて下さい。(図4)採酒ランプが点灯し、酒が出てきます。
採酒して下さい
●1合(180cc)の採酒時間は約22秒です。
●お銚子に定量の酒が入りますと自動的に止まり、採酒ランプが消えます。

8-2.お銚子を取る時は逆の要領で、手前斜めにしながら抜き取って下さい。

8-3.手動で採取する時は、切替スイッチを下側「手動」に押して下さい。押している間、酒が出てきます。(図5)
手動で採取する時は、切替スイッチを下側「手動」に押して下さい
●ノズルが斜めのままの状態でも酒が出ます。
「注意」
ノズルからでる酒は高温です。取扱いに充分ご注意ください。


使用方法は? 

9.残酒の抜き方
1.ご使用後や酒の種類、等級をかえる場合は、ビン受け内の酒及び熱交換パイプ内の残酒をぬいてください。
2.ビン受け内の酒の抜き取りは、電源スイッチを「切」にし、残酒抜口に残酒抜取ホースをつなぎ、残酒コックを「出」の方向に止まるまで回して容器等に抜いてください。酒がビン受けの底まで達した時に素早く残酒コックを閉じてください。
3.熱交換パイプ内の残酒の抜き取りはビン受け内に酒が残っていないことを確認してから、電源スイッチを「入」にし、残酒コックを「出」の方向に止まるまで回して残酒抜口より別の容器に抜いてください。
4.ビン受け内に酒が残っている状態で残酒コックを回しますと、残酒抜口のほかにノズルからも少量の酒が出てきますのでご注意ください。
5.抜き取り後は、電源スイッチを「切」にし、残酒コックを必ず閉めておいてください。
●1日以上ご使用にならないときは、必ず残酒を抜き、内部の酒の通路を洗浄してください。なお、抜いた酒は料理酒等にご利用ください。

●残酒抜口につないだ残酒抜取ホースの片側を排水口にはつながないでください。