スワン手動式ブロックアイスシェーバー

各部の名称は?

スワン手動式ブロック アイスシェーバー 各部の名称

●上下ハンドル
左に廻すと主軸と氷押さえが上に上がります。右に廻すと下に下がります。
●氷押え
氷の水平な面を上にして円盤の中央に置き、氷押えできつく氷を押えて下さい。
●粗さ調節つまみ
粗くするときは、調節つまみを左に廻します。細かくするときは、右に廻します。つまみはゆっくり廻して下さい。
●大ハンドル
時計方向(右方向)に廻すと氷削できます。


使用方法は?

大ハンドルの組立て方
●大ハンドルは梱包の都合上、取り外してありますので取付けて下さい。
1.正面に向かって右側上部に突出したシャフトがありますので、ハンドル握りを外側にして
差し込んで下さい。この時、シャフトのくぼみ穴にボルトの先端が入る位置に合わせて下さい。
2.大ハンドル取付け部にボルトがありますので、モンキー、ペンチ等で堅く締めて下さい。
3.大ハンドルを廻し、主軸がスムーズに廻れば完成です。

使用方法
1.上下ハンドルを左に廻して、主軸・氷押えを上げて下さい。
2.氷を円盤中央に乗せて下さい。氷は水平な面を上にして下さい。また、氷は透明の少し
解かした状態のものをお使い下さい。
※刃物・氷押えは鋭利ですので、十分気を付けて下さい。
3.上下ハンドルを右に廻し、氷押えが氷をしっかりとくい込むまで強く廻して下さい。
4.大ハンドルを時計方向に廻しながら、円盤左の粗さ調節つまみを左に廻して、氷の粗さ調節を行って下さい。
※粗さ調節つまみは、出荷時はゼロになっていますので、ゆっくり廻して調節して下さい。
5.粗さ調節ができましたら、氷の出てくる所に器を持っていき、大ハンドルを廻して氷削して
下さい。

ブレーキ調節方法
●氷が上手に削れないときにご使用下さい。
上下ハンドルが非常に軽く感じるときは、右方向に(-)ドライバーで調節して下さい。
上下ハンドルが非常に重く感じるときは、左方向に(-)ドライバーで調節して下さい。
※ブレーキ調節は、出荷時に調節してありますので始めはさわらないで下さい。


刃物の取り換え方は?

刃物の取り換え方

1.粗さ調節つまみを右に一杯に廻す。
2.(+)ねじ2本を左に廻して、ワッシャーと刃物をはずして下さい。
※中央の(-)ねじはさわらないで下さい。
3.新しい刃物の表面「86SWAN」マークが見えるようにして刃物台の基準ねじに正確にあてて下さい。
4.ワッシャーと(+)ねじ2本を取付け、刃物が基準ねじから上がらないようにゆっくりと固定して下さい。

※刃物の左右が基準ねじに当たっていないと氷はうまく削れません。この場合、円盤の上から水平なもので刃物を軽く押えながら(+)ねじをしっかりと締めて下さい。
●刃物は1シーズン中に1~2度はお取替え下さい。
●ステンレスの刃物は研磨することが困難です。新しい刃物と交換する事をお勧めします。


氷が削れなくなったら?

氷が削れなくなったら