手動歩行式清掃機

各部の名称とその働きは?

手動歩行式清掃機 各部の名称

各機器の説明
F-100Sは2種類のブラシで作動します。サイドブラシは、すみのゴミを中央へ掃き出し、メインブラシは、前方のゴミをホッパーへ掃き込みます。

F-100S
●メインブラシは進行方向とは関係なく一定方向に回転し、ホッパーへゴミを直接 掃き込みます。
●サイドブラシは、側面のホコリを本体の前面に掃き出します。メインブラシで とれない壁際等の掃除をする時に使用します。サイドブラシはF-100Sが前進 する時のみご使用下さい。
●補助車輪(キャスター)は、清掃作業中、床面からの高さを常に一定に保ち均一な 清掃を可能にします。
●ブラシ室の左右にあるシールゴムは、ブラシ室で発生したホコリを外部へ逃がさない 役目をしています。破損したり摩耗したシールゴムはホコリを逃がします。早目に交換して下さい。
●ホッパーは把手を持って簡単に本体からはずすことができます。ホッパー取り付けの際はシールもれのないよう、しっかりとはめこんで下さい。