コールドショーケース

使用上の注意事項は?

●このケースは、営業時間中の使用を目的としたケースです。営業が終わりましたら、中味商品の品質管理のため、保管庫で保存して下さい。

●ケース内に食品を入れすぎると冷えが悪くなることがあります。食品は適度に間隔をあけ、冷気が全体に行き渡るようにして下さい。

●電源コードは強くひっぱったり、上に物を乗せたり、折り曲げたりしないで下さい。

●頻繁に運転・停止を繰り返さないで下さい。機械の寿命を縮めます。
※いったん運転を中止し、再び運転されるときは、必ず5分程待ってから電源を入れて下さい。

●運転中に停電したときは、いったん運転スイッチを停止にするか、プラグをコンセントから抜いて下さい。
運転スイッチを停止にするか、プラグをコンセントから抜いて下さい

●本機に殺虫剤やペイントなどを直接吹き付けないで下さい。(可燃性スプレーは引火の危険性があります。)

●排水受けのバスケット又は、露受皿に確実にドレンホースを差し込んで、定期的に水の量をご確認下さい。(溢れて、フロアーやじゅうたんをぬらさないようご注意下さい。)
EKC0412


ケースを上手に使うためには?

●乾燥を最小限に防ぐため、配管(パイプ)に十分に霜がついてから食材を入れて下さい。

●湿度が高い時など、ガラスの外側に露がつくことがありますが、これはガラスの外側と内側の温度差のために生じるもので、故障ではありません。乾いた布で拭き取り、できるだけ風通しをよくして下さい。

●室内に湿気が多いときや、新装オープン等の場合は特に露が多くつくことがあります。(店内の空気を動かすことにより、防ぐことができます。)


お手入れの仕方は?

フィルターアルミフィンの清掃
フィルター、アルミフィンの目詰まりは、冷却能力の低下や故障の最大原因となるばかりでなく、機械の寿命を縮めます。本機を末永く使用していただくために、定期的に清掃を行って下さい。

●フィルターは1週間に1回程度、洗剤等を使用して洗って下さい。

●アルミフィンは3ヶ月に1回程度、ブラシまたは、掃除機等でフィンの間にたまったホコリを取り除いて下さい。なお、汚れがひどい場合には、中性洗剤を使用し水洗いされてもかまいませんが、他の電装品に水がかからないようにご注意して下さい。

■OHGUシリーズ(ケーキ用・デリカ用ケース)■
・アルミフィンは薄い金属板なので強く触れて指などを切らないようにご注意下さい。
・古い歯ブラシや毛足の長いハケでアルミフィンの目に沿ってこすって下さい。
フィルターアルミフィンの清掃

ケース内部の清掃

●内部の清掃は毎日して下さい。保健衛生上、ケース内の掃除は充分に行って下さい。なお、ケースを水洗いする際機械室には絶対に水がかからないようにして下さい。

●排水は充分に行い、ケース内に水がたまらないようにして下さい。OHGUシリーズは排水受けに水がたまるので定期的に処理して下さい。
※OHGU・OHGMシリーズの前面引戸は、化粧カバーのビスを緩めて上方向へ上げて取り外して下さい。
※扉戸車(下部)の清掃を時々行って下さい。
EKC0416


コントロールパネルの使い方は?

コントロールパネルの使い方

<注意>
●温度調節器の調整は頻繁に行わないで下さい。
●コントローラーボードに水を掛けないで下さい。故障の原因になります。
●ケースの設置場所や扉の開閉頻度などの使用状態により、庫内が設計温度より上がる場合があります。


各部の名称は?

OHLDシリーズ
●漏電防止器、運転スイッチ、スリムランプ、自動霜取タイマー、サーモスタットがついています。
OHGUシリーズ

OHGUシリーズ
●漏電防止器、運転スイッチスリムランプ、自動霜取タイマー、サーモスタットがついています。
●OHGU-1800以上はキャスターがアジャスターになります。
●機種によってはスイッチ(運転スイッチ・ランプスイッチ)が側面、または前面についています。
OHGUシリーズ