小型万能スライサー

各部の名称は?

各部の名称


注意事項は?

●本機は大量のスライスを行う為に使用するものではありません。10分間連続運転したら少々休ませる必要があります。

●スライスする食品のかたまりが大きい場合は、スライスを開始する前にある程度適当な寸法に小さくカットして下さい。

●非常に薄くスライスする時は、キャリッジをできるだけゆっくりと動かして下さい。

●サラミ、ソーセージなどは残り5~6cmになったらそれを逆さにしてスライスしますと最後までムダなくきれいにスライスできます。

●パン、ハム、チーズ、果物、野菜等をスライスできますが決して、硬い物や冷凍品はスライスしないで下さい。定格時間は10分です。定格時間を過ぎて機械がストップした場合は、モーターを休ませてからご使用下さい。

<分解・掃除も簡単です>
●お手持のコインで簡単に波型刃を取外すことができます。
(逆ネジですから時計方向に回すと外れます。)
●各部の分解も簡単にでき、容易に清掃、常に清潔なスライスができます。
分解・掃除


操作手順は?

1.差込みプラグを差込む
交流100Vのコンセントにプラグをしっかりと差込みます。

2.スイッチロックを解除する
出荷時には、安全の為スイッチが入らない様にロックされています。
本体手前左下を見ると、スライドスイッチが見えます。このスライドスイッチを手前に移動すると解除、奥にスライドさせるとスイッチがロックされます。
作業終了時には、このスイッチをロックする事を励行して下さい。
スイッチロックを解除する

3.厚み調節ダイヤルで厚みを調節する
安全で平らな場所に置き、吸盤で本体をしっかり固定します。
厚み調節ダイアルを反時計廻りに回し、お好みの厚さに調節して下さい。

4.食品を乗せ、スライスする
食品を乗せ、親指がスイッチに乗るように準備します。
スイッチを親指で押せば、刃は回転し、離せばストップします。スライス中はスイッチを押しながら作業して下さい。小さい食品や、食品が小さくなったら、押さえホルダーをプッシャーにセットし使用して下さい。
※ハム・チーズ等の柔らかい食品は少し冷した方が良く切れます。

5.作業終了後は安全の為、厚み調節ダイヤルを時計廻りに回し、0を超えて止まるまで回し、刃がストッププレートに隠れる様にします。スイッチロックをセットし、プラグを抜いて下さい。
作業終了後は安全の為、厚み調節ダイヤル0まで回す


お手入れ方法は?

1.厚み調節ダイアルを時計方向に回し、0を越え止まるまで回します。プッシャー下部にある
ロックレバー(A)を押しながら←方向にスライドさせ、本体から外します。
←方向にスライドさせ、本体から外す

2.本体とプッシャーが接触するガイド部分をきれいに掃除し、ミシン油をガイド部分に塗って
下さい。
本体とプッシャーが接触するガイド部分を掃除

3.時々刃の裏面を掃除します。
まずプッシャーを外し、ベアリングボルト(B)をコイン等を利用し時計方向に回して刃を外します。
<注意>
刃の扱いにご注意下さい。
時々刃の裏面を掃除します。

4.布を湿らせ、刃の裏側や黒いリング部分を拭き、きれいにします。(C)に示した部分にワセリンを塗布して下さい。
布で刃の裏側や黒いリング部分きれいに拭きます。
●清掃後は逆の手順で刃をセットします。