CML03
マルチオロシ  DX−60

Q 各部の名称は?
A

Q 使用の手順は?
A 1.好みのオロシ盤を取り付ける
オロシ盤の凹部とシャフトの凸部を合わせ、おくまで差し込みます。

2.投入口を固定する
保護スイッチとガイドピンを合わせ、左右のパンチ錠で固定します。

3.差込みプラグを差し込む
スイッチがOFF(中央)になっていることを確認してから行ってください。

4、スイッチを入れ食材をおろす
予めおろした食材を受ける容器を用意します。容器の大きさ目安は約120×200×150(mm)です。大根、山芋等は皮をむいてから投入口より押し込んで下さい。

〜上手におろすには〜
●食材を強く押し込むとより粗く、弱く押すとより細かくおろせます。
●粘性の強い山芋をおろす場合は、先にオロシ盤を水で濡らしてからおろすとべたつくことなくおろせます。
●投入口一杯になる様な太い大根は、図のように※左右に回しながら押し込むときれいにおろせます。または、縦に半分に切り、おろしてください。

Q 使用の手順は?
A 5.小さくなった食材は、「押し」を使って押し込みます。
※危険ですので投入口へは、絶対に手を入れないで下さい。

6.作業を終えたらスイッチを切り、差込みプラグを抜いてください。


お手入れ方法
●ご使用の後は、食材が乾く前によく掃除をして下さい。
食材の洗い残しが故障の原因になることがあります。
1.パチン錠をはずし、投入口、オロシ盤を取り外します。

2.本体を水掛け掃除します。保護スイッチに水が入らない様にして下さい。下方向から水を掛けたり、水に浸けたりしないでください。

3.オロシ盤、投入口、押しを水洗いします。
オロシ盤は、ブラシでよく洗い流してください。

目次に戻る